夏バテをなくして元気生活|旬の野菜でなくてもサプリで栄養摂取

膝が起こす恐いスパイラル

階段を登る男性

膝の痛みには色々ものがあります。しかし多いのは加齢によるものでしょう。膝は大切な場所です。痛むからといって動かないでいると更に足腰が悪くなり寝たきりになってしまうこともあります。早めにケアを行なうことが大切です。

詳細はこちら

目の疲れ以外にも効果的

果物

抗酸化作用があると発見されたブルーベリーが注目されています。目の疲れや老化にも効果的として知られていますが、アンチエイジングやさまざまな病気の予防としても有効的です。

詳細はこちら

おすすめ関連サイト集

  • スムージーガイド【話題のグリーンスムージーやアサイー、レシピなど紹介】

    健康的に痩せたいならスムージーを毎日飲むのをおすすめします。野菜や果物で作られているのでヘルシーですよ!
  • 凄十

    体力回復や健康維持に最適です。こちらで紹介されているドリンクは滋養強壮の効果がとても高いので、お疲れモードの方にぴったりですね。

手軽で簡単に野菜がとれる

飲み物

野菜不足を解消するのに効果的なのは青汁です。多くの栄養成分が含まれていますし、コップいっぱいで一日に必要な野菜と同じ栄養をとることができるため人気です。青汁を選ぶ際には気を付けるポイントがいくつかあります。

詳細はこちら

旬のものは栄養も多い

女性

熱い日が何日も続く夏は注意が必要です。風邪ではないが、なんとなくだるい人や食欲がないという人は夏バテかも知れません。人によってもその症状はさまざまです。夏バテとは消化機能が弱って食欲がなくなり、体の体温機能が正常に働かなくなることで起きる不調のことです。夏バテを防ぐにはいろいろな対策法があります。食事に気をつけて症状を防ぐことができます。夏バテに効果的と言われているのがビタミンです。ビタミンは野菜や果物に多く含まれています。代表的な夏野菜に多く含まれているのがB-カロテンです。B-カロテンは体内でビタミンAに変わります。油と一緒に調理すると、より多く吸収することができます。また夏野菜のピーマンにはビタミンCが多く含まれています。野菜以外では豚肉も疲労回復におすすめです。豚肉にはビタミンB1という栄養成分が豊富に含まれています。また夏には土用丑の日があり、昔からの風習でうなぎを食べますが、うなぎにも夏バテに効くビタミンB群が多く含まれています。このように旬のものは旬の時期に食べるようにしましょう。旬のものは旬の時期に一番栄養価も高くなります。旬のものを意識してとっていると自然と夏バテは防げるでしょう。また、クーラーのつけすぎには注意しましょう。せっかく食事で気をつけても冷房ばかりの部屋にいるとクーラー病になってしまいます。クーラー病とは部屋の温度差でおこる夏バテの一種です。自律神経の使い過ぎは体によくありません。暑さは除湿を行なうことで体感温度を下がることもできます。工夫するようにしましょう。